在籍確認 電話

カードローンやキャッシングの審査に伴う在籍確認の電話に関して不安を抱いている人は少なくありません。特にやましい事をしていなくても、普段職場に電話がかかって来ない人の場合は怪しまれないかと気になるのが普通です。

しかしカードローンやキャッシングの申込をした場合、職場への在籍確認はどの金融機関でも必ず行われます。ただし金融機関によっては電話をしない方法での在籍確認を行ってくれる所もあります。そこで次のランキングを見てみましょう。


200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。
はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。


これを見ると主に消費者金融などでは職場に電話をしないで在籍確認をしてくれる所がいくつかあるのが分かります。また電話による在籍確認を行っている所でも、カードローンやキャッシングの申込をした事が職場の人知られないように配慮されて行われるのが一般的です。

具体的には個人名でかかってきて、本人に取り次いだ後や本人が出た時のみ在籍確認だという旨が伝えられます。本人が不在の場合は後日連絡する旨を伝えられて、それだけで在籍確認は完了します。本人が出なくても電話に出た人から不在だという旨を伝えられれば、在籍しているという事が分かるためです。この場合、電話に出た同僚には後で自分から連絡する旨を伝えれば特に怪しまれる事はありません。

しかし、職種によっては外部の人から電話がかかって来る事がほとんどないという人も多いでしょう。そういった人の場合は自分宛に電話がかかって来るという事そのものが不自然だと思われてしまう事もあります。そのような場合には電話をしないやり方で在籍確認をしてくれる消費者金融を利用すると良いでしょう。具体的なやり方としては、給与明細や源泉徴収票の提出を求めるケースがよく見られます。これらの書類は申込書の勤務先に在籍していて給与の支給を受けている人でないと発行されないため、確実に在籍しているという事が確認できます。そのため電話による方法に代わる在籍確認として行われています。

電話がかかってくる事を懸念して、こうしたやり方で在籍確認を行ってくれる所へ申し込む場合に注意しておくべき点があります。まず給与明細や源泉徴収票の提出で在籍確認を行ってくれる消費者金融でも、電話による在籍確認を基本としています。そのため電話をして欲しくない場合には、申込フォームに入力してその旨を伝える必要があります。それをしないで申し込むと、通常通り職場に電話がかかって来る事になります。
また給与明細や源泉徴収票で在籍確認を行う場合は、年収額を水増しして申告する事は絶対に避ける必要があります。もし申込の際の入力フォームで水増しした金額を入力した場合、給与明細や源泉徴収票でその事が発覚すると審査に通らなくなってしまう可能性が高くなります。そのため記載内容に関しては正直に申告する事が大切です。

こうした点に注意して申込を行えば職場の人に知られる事なく、カードローンやキャッシングを利用できます。


このページの先頭へ